婚活の心得

【もう辞めたい】結婚相談所のやめどき・やめるタイミング

結婚相談所に入会すれば誰でも成婚にまですすめるわけではありません。

やはりうまくいかず途中で挫折する人だっています。

 

「もう辞めたい・・・疲れた・・・」

 

結婚相談所での婚活をもうやめたいと思ってしまう人だって事実います。

 

やめたいと思うタイミング?

やめどきはどのような時?

 

そんなタイミングをある程度の傾向がありますので参考にしてください。

結婚相談所をもう辞めたいって思うのはどんな時?


結婚相談所は高い入会金を支払う必要がありますね。

それでも、

 

「もうやめたい、退会したい」

 

と思う時ってどんなときかイメージできますか?

入会したけどイメージ通りに婚活が進まない

「あれ?全然いい人と出会わないんだけど・・・」

 

自分の想像通りに婚活が上手く進まなかったとき!

当然ですがもう婚活を辞めたいと思うでしょう。

 

「結婚相談所に入会する前に聞いていた話だともっと簡単なイメージだった・・・」

 

もちろん自然な出会いを求めるよりも結婚相談所を利用したほうが成婚率って高いです。

 

でもやっぱり人と人とのことですし、もしかしたら自分自身が原因かもしれませんよね。

 

結婚相手を選べるという通常の恋愛ではない仕組みですであるためについ、

 

高望み
自分の理想の条件を絞りすぎてしまう

 

といったことでマッチング率を下げてしまう人も少なくはありません。

 

結婚相談所によっては会員の年齢層にも違いがあります。

 

イメージしているようなお見合い相手となかなか出会えず婚活が進めないと言う人は少なくはないでしょう。

専任コンシュルジュのアドバイスが良くない


結婚相談所には、専任スタッフが付きアドバイスなどを行いますよね。

それが結婚相談所のメリットともいえます。

 

しかし、スタッフも人です。

 

コンシュルジェとの相性が悪く、別のスタッフに変えてもらってもアドバイスが役に立たないという方もいます。

 

婚活サイトとは違い結婚相談所ではしっかりとコンシュルジュによるアドバイスをもらえるのが強みです。

 

だからこそ相談所で婚活をと考え入会した人も多いはずなのに、

 

「コンシュルジュの必要性あるの?」

 

と、期待通りのサポートでなかったら辞めたいと思ってしまいますよね。

 

「恋愛下手だからアドバイスをしてもらいたい」

 

そう思ってお見合い相手を見つけたいと思っていた人にとっては婚活を続けていくのは難しいと思ってしまうでしょう。

男性の場合は仕事の都合で時間を確保できないことも


男性に多いケースは仕事が忙しく婚活に充てる時間を確保できない
というもの。

多忙な男性ならではの辞めざるを得ない状況ですね。

 

結婚相談所は月に何度か実際に店舗に通いコンシュルジュとカウンセリングをしたりします。

 

また何よりも紹介され気に入った女性がいれば仮交際をしないと婚活は進みません。

仮交際の期間は複数の女性と交際を進めれます。

 

結婚相談所では複数交際が成婚までの近道であるとはいえ仕事が忙しくい男性だと、

 

「全然、会う時間がない・・」

 

デートの時間を確保するのも予想以上に難しいと感じてしまう人もいます。

 

仕事がひと段落する見込みがない場合、やむなく退会するしかないのではと考えてしまう男性も多いのです。

毎月のランニングコストが高い


結婚相談所は婚活のサービスの中でも費用が高額です。

入会金を支払えば終わりではなく、毎月1万円程度のコストがかかってきます。

 

「思ったよりも月額料金の負担が・・・」

 

なので婚活が長引けば長引くほど費用はかさみます。

長期会員になるつもりはなかったけど出会いがないと、

 

婚活期間が長くなってしまった結果ランニングコストが高額になりますよね。

 

やむ負えず退会する会員も少なくはありません。

婚活疲れをしてしまうケースも


頑張って婚活をしていても、成果が出ないこともあります。

これは、根本的に考え方を変える必要があると言えるでしょう。

 

まず勘違いをしてしまいがちな考え方として、

‘沢山出会った分だけ結婚の確率が上がるだろう’というもの。

 

どの様な異性を求めるのか、明確にしておくことが重要です。

理想の相手が明確ではない状態で、沢山の異性と交流をしても疲れてしまいます。

 

「婚活するのもう疲れた・・・」

 

それぞれの相手に良い点と悪い点があり、一体どの異性が本当に良い相手なのか?

焦点を見失います。

 

また、理想が明確でないと妥協点も見つけることが出来ません。

 

「結婚相手なんだから妥協できない」

 

ということも、婚活疲れに繋がります。

理想通りの相手に巡り合うことが出来、交際まで発展をすれば良いです。

 

しかし、理想通りの相手を見つけること自体が難しく、どこかで妥協をしなければなりません。

 

これは、仕事を頑張ってきた方に多く見られる傾向です。

仕事で妥協をせず成果を上げてきたのだからと、それを婚活にも持ち込んでしまいます。

結婚相談所のやめどきっていつなの?


結婚相談所をやめるタイミングは、本当に結婚を諦めた時です。

少なくとも高い入会料金を支払って結婚相談所に登録しています。

 

「必ず結婚する!いい相手と出会う!」

 

という強い気持ちがあったはずです。

 

少しうまくいかない程度の気持ちでやめてしまうと今までの努力も時間もお金も無駄になってしまいますよね。

 

自分ができる限りのことはしているのか?妥協する部分はないのか?

最大限やりつくした結果、成婚できないのであればそれはやめどきなのかもしれません。

 

無理してもよりコストがかかり続けるだけですので後悔のないように結婚相談所を途中退会するのも気持ちの中でスッキリするかもしれません。

 

人間気持ちで負けるとなかなかうまく物事が進まなくなってしまいます。

 

毎月のコストと通っている結婚相談所でのサービス内容が釣り合っているかどうかもしっかりと確認しましょう。

やめたいと思ったら休止制度を利用するのも検討

基本的に結婚相談所には休会制度が設けられているため、婚活に疲れた方は休会を選択します。

 

休会中は数千円の月会費のみを支払うことで、いつでも婚活を再開させることが可能です。

 

そのままモチベーションを上げることが出来ないようであれば退会し、疲れが取れて頑張ろうという気持ちをもち直すことが出来たときに再開すればよいのです。

結婚相談所の【やめどき】まとめ

・イメージ通りのアドバイスがもらえず婚活が進まない
・婚活にかける時間の確保が難しい
・毎月のコストが厳しい

結婚相談所ならではの婚活の悩みが浮きぼりになってくるのが辞めるタイミングであるという考えがあります。

 

専任コンシュルジュのサポートの不満
毎月の費用

 

がやはり入会前と実際に入会してからの活動で差を感じてしまう人は多いでしょう。

結婚相談所ははじめに数十万円という入会料を支払います。

 

だからこそ辞めるタイミングというのは難しいと思ってしまう人はたくさんいると思います。

 

だからこそ失敗しない、後悔しない結婚相談所選びが重要になってくると言えるでしょう。