結婚相談所の豆知識

結婚相談所にサクラはいるの?見分け方は?

結婚相談所にはサクラはいないのか?
本気の婚活を考える人ほど心配になってくる問題ではないでしょうか。

婚活サイトなどとは違い基本的に結婚相談所にはサクラ、詐欺目的の相手は入会していないと考えておくと問題はありません。

結婚相談所にはサクラはいるの?

・入会審査が厳しいためサクラの登録はできない
・結婚相談所は月額料金が必要になるのでサクラの大きなリスクになる
個人経営の結婚相談所には可能性もなくはない

通常、結婚相談所に入会するためには必要書類の提出や面談による入会審査が実施されます。そのため本気で結婚を考えていない人やサクラが登録できるような余地はありません。

サクラどころか独身証明書の提出も必要なため既婚者の入会もできないくらい徹底しています。

ただ個人で経営しているところや入会審査がゆるい結婚相談所の場合だとサクラや勧誘目的の登録者がいないとも限りません。事実そういったトラブルもあります。

安心した婚活をしたいのであれば、入会審査をしっかりと行っているところ信頼できる結婚相談所を選ぶことは非常に大事になってくるでしょう。

入会前に確認必須!?サクラがいそうな結婚相談所の特徴

結婚相談所は全国に何店舗もあり、その中には連盟や団体に加盟していない店舗も0ではありません。
そのため、基本的にサクラは居ないとはいえ、100%ではありません。

特に入会審査のゆるい結婚相談所だとサクラがいる可能性は高くなってしまいます。

結婚相談所の会員数を見ると、‘会員数数万人’という膨大な数字を掲げている相談所も少なくはありません。

会員数が多いという事はサクラが混じっているのではと考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際に、会員数が数万人ということ自体は不自然ではありません。

‘サクラ’とは、結婚相談所が雇っている場合と、結婚詐欺師や既婚者などの犯罪者が紛れ込む場合があります。

サクラは入会審査には通らない

結婚詐欺師や、既婚者は登録自体が出来ません。
結婚相談所に登録するにあたり、身分証明書や収入証明書の提出が義務付けられます。

そのため、過去に詐欺の犯罪歴があれば登録をすること自体が不可能です。
また、独身証明書の提出もあるため、既婚者も登録が出来ません。

結婚相談所がサクラを雇ってるケース

気を付けるべきは、結婚相談所がサクラを雇っているケースのみです。

国内には、大規模な結婚相談所連盟というものが存在します。結婚相談所連盟に登録しているということは、健全な結婚相談所であるということの証明でもあります。
登録をしていない結婚相談所であれば、注意が必要です。

また、インターネットなどの口コミも役に立ちます。
実際に利用をした方の生の声を聞く場所は、口コミしかないといっても過言ではありません。
しっかりとリサーチをして、少しでも疑わしいと感じた場合には登録を見送りましょう。

サクラの被害、トラブルに合わないようするための対策

サクラが居そうであると感じても、実際に利用をしてみなければ分からないという部分もあります。
結婚相談所によっては、無料体験を利用できる相談所もあります。

スタッフの印象や、サービス内容を実際に体験してみることで優良か悪徳かが分かる場合もあります。

サクラを雇う結婚相談所の特徴としては、入会の際に実際の会員情報を見せて‘この様な会員を紹介できます’といった案内をしてきます。

ここで見せられる会員情報は、容姿が良くスペックの高い異性です。
実際に入会をすると、条件にマッチする異性を続けて紹介されます。

何度もお見合いをすることで、月会費とお見合い料を稼ぐためです。しかし、実際に交際をしたいと申し込んでも成立しません。
相手は別の異性と退会したなどと言われ、なかなか交際、成婚に至らず月会費を支払い続けることになります。

途中解約もできないケース

解約をしたいと申し出たとしても、何らかの条件を付けて解約をさせない場合もあります。
サクラを雇う様な結婚相談所は悪徳業者であるため、事前に規約を確認することがトラブルに遭わないようにする最善の対策です。

料金設定、利用規約は、目を通すことが面倒であっても必ず目を通して内容を理解しておきましょう。

結婚相談所選びが大事

利用者の中には、お見合いが上手く行かないという事が続くとサクラを疑いがちになる方も多いようです。

お見合いや結婚などは、簡単に進むものではありません。
相手を探すことは、時間もかかり難しい事なのです。

万が一にもサクラが紛れていたらと疑いを持ってしまうと、出会いのチャンスを逃すことにも繋がってしまいますね。
そのため入会する結婚相談所が大手なのか入会審査はどうなってるのかをはじめの時点でしっかりと確認するのが大事になります。

結婚相談所のサクラの見分け方

あくまでもサクラの‘可能性がある’異性を、見分けるポイントがあります。

早い段階で比較的好条件の相手とお見合いをさせる

まずは行動パターンです。結婚相談所への登録後、早い段階で比較的好条件の相手とお見合いをさせることがあります。

その後、‘相手が退会した’と告げられます。これは登録者を退会させないようにする手段であると考えられおり、サクラを使った可能性も否定できないというものです。

登録後一定期間が過ぎると返金対象とならなくなるなど、結婚相談所のパターンによって方法は異なるようです。しかし、本当にマッチする相手とのお見合いをセッティングしてくれたのかも知れません。

相手は退会をしただけであったり、別の相手が見つかっただけであるとも考えられるため、絶対にサクラであるとは言えませんね。

マナー講座やカルチャー教室なども併設

また、登録前にサクラが多いと思われる結婚相談所であるかどうかを判断することも大切です。

マナー講座やカルチャー教室なども併設し、任意参加ではあるものの結婚相談所の料金以外にもお金が掛かる相談所もあります。

この場合、容姿が良く好条件の登録者が多いという売り文句があるケースが多いです。

入会審査がゆるい

さらに、身分証明書や独身証明書の確認をしっかりと行わないということも。

この様な結婚相談所は営業許可等のルールも守られていない可能性があるため、サクラの存在以前に利用すること自体、注意が必要ですね。

もしサクラの被害にあってしまった場合はどうしたらいいの?

結婚相談所を含めた婚活サービスで起こるトラブルは、‘本気で結婚をしたい’と考える気持ちにつけこむ悪質な手口です。

サクラの被害も、その1つ。近年では1,800件以上の被害相談が寄せられています。
減少傾向にあっても、この数字なのです。

まずはサクラの被害に遭わないようにすることが重要です。
事前に口コミなどを確認し、サクラ被害にあった人が居ないかどうかを確認しましょう。

また、料金が明確であるかどうか、どの様な会員が登録をしているかも確認をします。
高学歴・高収入の男性ばかり、見た目が良く年齢の若い女性ばかりの結婚相談所は疑った方が良いでしょう。

国民生活センターに相談

実際にサクラの被害にあった場合には、国民生活センターに相談をします。
また、悪質な場合には弁護士に相談をしましょう。

どちらも、相談だけであれば無料で受けてもらえる場合が多いです。
大きなトラブルとなった場合には訴訟となるため、弁護士費用がかかります。

大手の結婚相談所にはサクラはいない

大手の結婚相談所であれば、基本的にサクラは居ないと考えて良いでしょう。
もしもサクラが居ると噂になれば、それまでの実績も信頼も失ってしまうためです。

小規模な結婚相談所や、連盟に登録していない相談所に登録をする際は、十分な注意が必要です。